コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルクレール ルクレールLeclair, Jean-Marie

5件 の用語解説(ルクレールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルクレール
ルクレール
Leclair, Jean-Marie

[生]1697.5.10. リヨン
[没]1764.10.22. パリ
フランスバイオリニスト,作曲家。最初舞踊家であったが,バレエ教師としてイタリアを訪れた際に,G.ソミスにバイオリン奏法を学び,1728年バイオリニストとしてパリでデビュー。イタリアの流れをくみながらも独自の様式をもつバイオリン・ソナタ協奏曲を作曲してフランスの器楽の興隆に貢献した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ルクレール
ルクレール
Leclerc, Jean

[生]1657.3.19. ジュネーブ
[没]1736.1.8. アムステルダム
フランスのプロテスタント神学者,聖書学者。ソーミュールなどで実証主義的聖書批判学を学び,伝統的カルバン主義と決別,1684年よりアムステルダムのアルミニウス派神学校で教えた。モーセ五書はモーセの書いたものではないとした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ルクレール

フランスの作曲家,バイオリン奏者。フランス・バイオリン学派の祖。リヨンに生まれ,舞踊家・舞踊教師として活動後,トリノでG.B.ソミス〔1686-1763〕(コレリビバルディに学んだ大家)にバイオリンを学ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ルクレール【Jean‐Marie Leclair】

1697‐1764
フランスの作曲家,バイオリン奏者。リヨンで生まれ,19歳のときに生地の歌劇場に舞踊手として名を連ねている。1726年ころトリノでバイオリン奏者G.B.ソミスに学び,それが後半生を決定した。28年にはパリの市民のための演奏会〈コンセール・スピリチュエル〉でバイオリン独奏者として大成功を収め,33年にルイ15世宮廷の音楽家に任命された。38年から43年まで,アムステルダムの宮廷やハーグで音楽活動を行い,この間P.ロカテリに師事している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

20世紀西洋人名事典の解説

ルクレール
Leclerc


1902 - 1947
フランスの軍人。
元・北アフリカ派遣軍総監。
ソンム県生まれ。
本名Jacques Philippe de Hauteclocque。
第二次世界大戦初期にドイツ軍の捕虜となるが脱走、ロンドン自由フランス運動に参加し、別名にて活動する。北アフリカでイタリア軍を相手として目覚しい戦功を収め、フランス軍第二機甲師団を率いて、’44年ノルマンディー上陸作戦に参加。同年8月パリ解放の先陣を務め国民的英雄となり、ストラスブールを解放、’45年ベルステスガーデンまで進出。のちインドシナ派遣軍総司令官として日本軍の対仏降伏文書に調印。’46年北アフリカ派遣軍の総監になるが、’47年アルジェリア飛行機事故死。’52年元帥授与。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
20世紀西洋人名事典について | 情報

ルクレールの関連キーワード宮崎安貞元禄の大火宮崎安貞ポーランド史ハイチ都井岬カナレット賀茂真淵噶爾丹北島雪山

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルクレールの関連情報