コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

京終 きょうばて

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

京終
きょうばて

奈良市の旧市街地の南端地区。地名は、平城京の外京(げきょう)南端に位置していたところから京の端の意と伝えられる。近世では奈良町の南限にあたる。南北に走る春日(かすが)断層崖(がい)を西流する能登(のと)川、岩井川が形成した扇状地末端部にあたり、奈良市街地から上街道への出口に発達した町である。JR桜井線の京終駅を中心に工場が多く分布する。[菊地一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

京終の関連キーワード草竹コンクリート工業京終(きょうばて)トヨタカローラ奈良断層崖奈良市

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

京終の関連情報