京鹿の子絞

  • きょうかのこしぼり
  • 染織

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

近畿地方、京都府の地域ブランド。
京都府において絞り染加工された着尺地・羽尺地・長襦袢地・羽織裏地・裾除地、京都府において絞り染加工された織物よりなる長着・羽織・帯揚・帯、京都府における布地の絞り染加工。絞り染は、きものや帯揚などに使われる染色技法。絞りの作業はすべて手でおこなわれる。括の模様が子鹿の斑点に似ているため、鹿の子絞と呼ばれる。室町時代から江戸時代初期にかけて、が花染として盛んにおこなわれるようになり、江戸時代中期には、鹿の子絞の全盛期を迎えた。京都でつくられる絹地の絞り染めを総称して京鹿の子絞と呼ぶ。1976(昭和51)年2月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定。2007(平成19)年3月、特許庁の地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5029233号。地域団体商標の権利者は、京鹿の子絞振興協同組合・京都絞工業協同組合。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android