コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

着尺 キジャク

デジタル大辞泉の解説

き‐じゃく【着尺】

和服1枚を仕立てるのに必要な反物(たんもの)の長さと幅。⇔羽尺(はじゃく)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きじゃく【着尺】

和服用の反物で、大人の長着一枚を作るのに必要な幅と長さのもの。着尺物。 → 羽尺はじやく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

着尺
きじゃく

和服地」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

着尺
きじゃく

長着(ながぎ)に仕立てるための和服地のこと。鯨尺の1尺は曲尺(かねじゃく)の1尺2寸5分にあたり、38センチメートルであるが、用布量として丈(たけ)2丈6尺、あるいは2丈8尺を必要としていたが、身長が高くなってきたため、3丈を必要とすることになり、メートル法の実施のため、現在は丈約11.4メートル、幅36センチメートルあるいは37センチメートルと表示されている。ただ幅は、各地の伝統的事情により、9寸あるいは9寸5分とするので、それに応じての換算である。加工法により、染着尺、織着尺、繊維により、綿、絹のほか、ウール着尺、化繊着尺、交織着尺などとよんでいるが、これは繊維業界の俗称である。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の着尺の言及

【反物】より

…江戸時代に小袖1枚分に要する布地の幅,長さが定まり,これを1反とするようになった。1反の長さは時代によりたびたび改定されたが,現在では着物用の着尺(きじやく)は幅約36cm(並幅(なみはば)),長さは12m内外となっている。鯨尺で3丈物といい,礼装用の4丈物(八掛(はつかけ)付き)と区別する。…

※「着尺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

着尺の関連キーワード紅梅織り・紅梅織輪奈ビロード京鹿の子絞江羅直三郎片岡 春吉伊勢崎銘仙秩父[市]メートル法紋羽二重梨子地織松原伸生宮古上布江戸小紋片岡春吉着尺地明石縮羽二重八端織片麻布芭蕉布

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

着尺の関連情報