コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

着尺 キジャク

4件 の用語解説(着尺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

き‐じゃく【着尺】

和服1枚を仕立てるのに必要な反物(たんもの)の長さと幅。⇔羽尺(はじゃく)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きじゃく【着尺】

和服用の反物で、大人の長着一枚を作るのに必要な幅と長さのもの。着尺物。 → 羽尺はじやく

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

着尺
きじゃく

和服地」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

着尺
きじゃく

長着(ながぎ)に仕立てるための和服地のこと。鯨尺の1尺は曲尺(かねじゃく)の1尺2寸5分にあたり、38センチメートルであるが、用布量として丈(たけ)2丈6尺、あるいは2丈8尺を必要としていたが、身長が高くなってきたため、3丈を必要とすることになり、メートル法の実施のため、現在は丈約11.4メートル、幅36センチメートルあるいは37センチメートルと表示されている。ただ幅は、各地の伝統的事情により、9寸あるいは9寸5分とするので、それに応じての換算である。加工法により、染着尺、織着尺、繊維により、綿、絹のほか、ウール着尺、化繊着尺、交織着尺などとよんでいるが、これは繊維業界の俗称である。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の着尺の言及

【反物】より

…江戸時代に小袖1枚分に要する布地の幅,長さが定まり,これを1反とするようになった。1反の長さは時代によりたびたび改定されたが,現在では着物用の着尺(きじやく)は幅約36cm(並幅(なみはば)),長さは12m内外となっている。鯨尺で3丈物といい,礼装用の4丈物(八掛(はつかけ)付き)と区別する。…

※「着尺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

着尺の関連キーワード吾妻コート雨ゴート大裁ち角袖小裁ち呉服鳶ガッパ服用和装B反

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

着尺の関連情報