コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人取橋の合戦 ひととりばしのかっせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人取橋の合戦
ひととりばしのかっせん

天正 13 (1585) 年 11月 17日に伊達政宗と畠山国王丸,蘆名義広石川昭光,白河義視,相馬盛胤,二階堂輝行,佐竹義重らの連合軍とが,奥州高倉と本宮の周辺,福島県安達郡の人取橋を中心に展開した乱戦。政宗の奥羽併呑の端緒となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

人取橋の合戦の関連キーワードシェークスピア四国征伐安土桃山時代(年表)Gregorius二本松義継フォンタナグレゴリウス今石動城西尾城ウィルソン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android