人工孵化法(読み)ジンコウフカホウ

  • じんこうふかほう ‥フクヮハフ
  • じんこうふかほう〔ジンコウフクワハフ〕
  • 人工×孵化法

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 人工孵化により卵から雛(ひな)や稚魚を得たり、蚕卵の孵化を早めたりする方法。家禽(かきん)では孵卵器を用い、温度、湿度などの状態を母鳥が卵を抱くのと同じにして雛を得ること。魚類などでは、採卵し受精させた卵を孵化池や孵化器を用いて稚魚を得ること。また、蚕では、そのままでは越年してから孵化する卵を、塩酸に浸すなどの処理により孵化の時期を人工的に操作すること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android