コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人工骨材 じんこうこつざいartificial aggregate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人工骨材
じんこうこつざい
artificial aggregate

天然の骨材の不足を補うために人工的に造成されたコンクリート用骨材。一般には建築物などの軽量化に役立てるねらいを兼ねて登場してきた人為的に生産される軽量骨材をいう。頁 (けつ) 岩フライアッシュパーライト,粘土などを粉砕,造粒したうえ加熱,焼成して製造する。天然骨材川砂利などに比べて強度や膨張,収縮などの性質はあまり変らないとされており,天然骨材の資源不足もあって需要は急速に伸びている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じんこう‐こつざい【人工骨材】

川砂・川砂利・海砂・山砂など天然の骨材に対し、人工的につくられた骨材をいう。頁岩やフライアッシュ(微細な球状の石炭灰)を焼成した「人工軽量骨材」や、鉱滓(こうさい)を加工した「高炉スラグ骨材」、廃棄物の溶融飛灰を再処理して生成する「廃棄物スラグ」などがある。天然骨材の採取は環境保全上問題があるため、人工骨材が多用されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の人工骨材の言及

【骨材】より

…所要の品質のコンクリートを経済的に得るため,一般に骨材に必要とされる性質として,硬くて強固であること,重量が適度であること,物理的に安定で耐久性が大きいこと,粒形が立方体または球に近いこと,大小の粒の混合状態が適当であること,清浄で有害物を一定量以上含まないことなどがあげられる。骨材は,粒の大きさにより細骨材と粗骨材に(コンクリート用骨材では5mmふるいを通るか否かで区分するが,実用上は10mmふるいをすべて通り5mmふるいを重量で85%以上通るものを細骨材,5mmふるいに重量で85%以上とどまるものを粗骨材としている),産状ならびに製法によって天然に産するものをほとんど加工せずにそのまま用いる天然骨材と岩石や粘土あるいは産業副産物を加工した人工骨材に,また比重の大小により軽量骨材,普通骨材,重量骨材に分類される。最近では川砂,川砂利など良質の天然河川骨材が枯渇しているため,天然の岩石あるいは溶鉱炉から出る高炉スラグなどの産業副産物を機械的に砕いた人工骨材の使用量が増えている。…

※「人工骨材」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

人工骨材の関連キーワード鉱滓

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android