人見恩阿(読み)ひとみ おんあ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

人見恩阿 ひとみ-おんあ

1261-1333 鎌倉時代の武将。
弘長(こうちょう)元年生まれ。人見氏は武蔵(むさし)七党のひとつ猪俣(いのまた)党の支族。北条高時につかえ,元弘(げんこう)の乱で楠木正成(くすのき-まさしげ)の赤坂城を攻め,正慶(しょうきょう)2=元弘3年2月2日戦死。73歳。武蔵榛沢(はんざわ)郡(埼玉県)出身。名は光行,基堅(もとかた)。通称は四郎。
【格言など】花咲かぬ老木桜朽ちぬともその名は苔(こけ)の下に隠れじ(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android