コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人面獣身像 じんめんじゅうしんぞうhuman‐headed animal

世界大百科事典 第2版の解説

じんめんじゅうしんぞう【人面獣身像 human‐headed animal】

人間の頭部(人面)と動物の体軀・四肢との合成像。古来多くの文化に例を見るが,ここでは古代メソポタミアのものに限って記述する。メソポタミアでは超人間的な存在を具現化するために怪獣が創出され,前3千年紀後半のシュメール人の国家,初期王朝末期ごろから,人面と牡牛を組み合わせた像が円筒印章などに刻出された。これは《ギルガメシュ叙事詩》にあらわれる怪人エンキドゥEnkiduと解されている。以後,このような存在(牡牛形怪人)はアッカドを経て,アッシリアアケメネス朝ペルシアの美術に継承された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

人面獣身像の関連キーワードニムルード遺跡コルサバードイラク博物館シュメール獣身

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android