仁科琴浦(読み)にしな きんぽ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仁科琴浦 にしな-きんぽ

1756-1814 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦6年生まれ。備前岡山藩家老伊木氏の家臣。老荘の学に通じた。伊木氏の倉庫で盗難があったとき,讒言(ざんげん)で投獄され,獄中で「荘子解」をあらわしたという。のちゆるされて江戸にいき,亀田鵬斎(ほうさい)らとまじわり,帰郷して家塾をひらいた。文化11年5月8日死去。59歳。備前出身。名は貞。字(あざな)は正夫。通称は源太夫。著作に「老子解」「琴浦詩文集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android