コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁科琴浦 にしな きんぽ

美術人名辞典の解説

仁科琴浦

江戸中期の儒者備前生。名は、字は正夫、通称は雲太夫。文化11年(1814)歿、59才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仁科琴浦 にしな-きんぽ

1756-1814 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦6年生まれ。備前岡山藩家老伊木氏の家臣。老荘の学に通じた。伊木氏の倉庫で盗難があったとき,讒言(ざんげん)で投獄され,獄中で「荘子解」をあらわしたという。のちゆるされて江戸にいき,亀田鵬斎(ほうさい)らとまじわり,帰郷して家塾をひらいた。文化11年5月8日死去。59歳。備前出身。名は貞。字(あざな)は正夫。通称は源太夫。著作に「老子解」「琴浦詩文集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

仁科琴浦の関連キーワード仁科白谷

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android