仁科雄一(読み)にしな ゆういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仁科雄一 にしな-ゆういち

1897-1984 大正-昭和時代の農民運動家。
明治30年12月12日生まれ。郷里の岡山で小作料減免闘争を指導。大正11年賀川豊彦創設の日本農民組合の本部員となり,機関紙「土地と自由」を編集。のち日農主事,大阪府連書記,全農中央委員をつとめた。戦後,農民同盟岡山県連を組織した。昭和59年5月15日死去。86歳。岡山商業中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android