コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今尾 いまお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

今尾
いまお

岐阜県南西部,海津市北部の旧町域。 1955年海西村と合体して平田町となり,2005年海津町,南濃町と合体して海津市となった。揖斐川左岸にあり,河港的機能をもち,商業中心地として発展した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今尾
いまお

岐阜県海津(かいづ)市北東部の中心地区。旧今尾町。揖斐(いび)川に臨み、かつては河港の役割も果たした。文明(ぶんめい)年間(1469~1487)中島重長によって築かれた城下町に由来し、江戸時代には尾張(おわり)藩付家老竹腰(たけのこし)氏(3万石)の居館があった。2月に行われる「今尾の左義長(さぎちょう)」は県指定重要無形文化財。[上島正徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の今尾の言及

【平田[町]】より

…町名は宝暦治水工事の総奉行を務めた平田靱負(ゆきえ)の名にちなむ。中心集落の今尾は近世以来揖斐川の河港として発展し,三郷のお千代保稲荷は商業の神として広く信仰を集めた。古くから水害に悩まされたが,1950年に耕地整理,排水施設整備が完成し,地味豊かな米作地帯となった。…

※「今尾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今尾の関連キーワード市川 小団次(5代目)岐阜県海津市平田町今尾海野 美盛(2代目)伊達弥助(5代)平田(岐阜県)西村 総左衛門西村総左衛門海津(市)松村 梅叟上田 万秋平田[町]奥河内清香今尾 景年木島 桜谷竹腰 正己市橋長勝野沢如洋竹腰正武竹腰篷月南宮大湫

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

今尾の関連情報