コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今尾 いまお

2件 の用語解説(今尾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

今尾
いまお

岐阜県南西部,海津市北部の旧町域。 1955年海西村と合体して平田町となり,2005年海津町,南濃町と合体して海津市となった。揖斐川左岸にあり,河港的機能をもち,商業中心地として発展した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今尾
いまお

岐阜県海津(かいづ)市北東部の中心地区。旧今尾町。揖斐(いび)川に臨み、かつては河港の役割も果たした。文明(ぶんめい)年間(1469~1487)中島重長によって築かれた城下町に由来し、江戸時代には尾張(おわり)藩付家老竹腰(たけのこし)氏(3万石)の居館があった。2月に行われる「今尾の左義長(さぎちょう)」は県指定重要無形文化財。[上島正徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の今尾の言及

【平田[町]】より

…町名は宝暦治水工事の総奉行を務めた平田靱負(ゆきえ)の名にちなむ。中心集落の今尾は近世以来揖斐川の河港として発展し,三郷のお千代保稲荷は商業の神として広く信仰を集めた。古くから水害に悩まされたが,1950年に耕地整理,排水施設整備が完成し,地味豊かな米作地帯となった。…

※「今尾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今尾の関連キーワード西濃海津〈町〉岐阜県海津市海津町秋江岐阜県海津市海津町稲山岐阜県海津市海津町鹿野岐阜県海津市海津町萱野岐阜県海津市海津町瀬古岐阜県海津市海津町高須岐阜県海津市海津町田中岐阜県海津市海津町福江

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

今尾の関連情報