コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今川国氏 いまがわ くにうじ

1件 の用語解説(今川国氏の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今川国氏 いまがわ-くにうじ

1243-1282 鎌倉時代の武将。
寛元元年生まれ。吉良長氏(きら-ながうじ)の次男。今川氏の祖。父から三河(愛知県)幡豆(はず)郡今川荘をあたえられ,その荘名を姓とした。弘安(こうあん)5年2月23日死去。40歳。通称は四郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の今川国氏の言及

【今川氏】より

…足利氏の一族で,駿河を本拠として遠江・三河にも進出した守護大名,戦国大名。足利義氏の子吉良長氏の次子国氏が三河国幡豆郡今川荘を領して今川氏を称したことに始まる。今川氏発展の基礎を作った範国は,足利尊氏に従って行動し,鎌倉幕府滅亡後,遠江・駿河両国守護や室町幕府の引付頭人に任じられた。以後,駿河守護職は今川氏によって世襲され,範氏,氏家,泰範,範政と伝えられた。また,範国の次子貞世(了俊)は長く九州探題として活躍した。…

※「今川国氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今川国氏の関連キーワードシチリアの晩鐘日蓮寛元産婦人科医不足紫雲丸事故円覚寺救済グレートソルト湖日蓮安達泰盛

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone