コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幡豆 はず

3件 の用語解説(幡豆の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幡豆
はず

愛知県南部,西尾市南東部に位置する旧町域。三河湾に臨む。1928年町制。2011年西尾市に編入。沿岸漁業施設園芸,織布,漁網,ひも類などの製造業が行なわれる。護岸,石垣,土台石に使用され,古くは名古屋城築城に利用された幡豆石(片状閃雲花崗岩)の産地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はず【幡豆】

愛知県南部、幡豆郡の町。三河湾に面し、ミカン栽培・施設園芸が盛ん。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

幡豆
はず

愛知県中南部、幡豆郡にあった旧町名(幡豆町(ちょう))。現在は西尾(にしお)市の南東部を占め、三河湾に臨む一地区。旧幡豆町は1928年(昭和3)町制施行。2011年(平成23)西尾市に編入された。名古屋鉄道蒲郡(がまごおり)線、国道247号が通じる。大坂城築城にも使用された幡豆石の特産がある。三河湾国定公園の一部で、観光拠点に三ヶ根(さんがね)山、愛知こどもの国、東幡豆の海水浴場などがあり、鳥羽(とば)神明社の火祭りは国の重要無形民俗文化財に指定されている。[伊藤郷平]
『『幡豆町の戦後史』(1985・幡豆町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

幡豆の関連キーワード愛知県西尾市上町愛知県西尾市亀沢町愛知県西尾市錦城町愛知県西尾市巨海町愛知県西尾市中町愛知県西尾市本町愛知県西尾市南旭町愛知県西尾市南奥田町愛知県西尾市南中根町愛知県西尾市宮町

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

幡豆の関連情報