コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今村文吾 いまむら ぶんご

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今村文吾 いまむら-ぶんご

1808-1864 幕末の医師。
文化5年2月5日生まれ。今村勤三の伯父。家は代々大和(奈良県)中宮寺の医師。京都で医術を山脇東洋の孫の東海に,儒学を岩垣東園にまなぶ。のち自宅に私塾晩翠堂をひらく。安政の大獄で追われた人々をかくまい,天誅(てんちゅう)組に軍資金を提供。伴林光平(ともばやし-みつひら)との親交で知られる。文久4年1月4日死去。57歳。名は宗博。字(あざな)は子約。号は松斎

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

今村文吾 (いまむらぶんご)

生年月日:1808年2月5日
江戸時代末期の医師
1864年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

今村文吾の関連キーワード上島掃部生年月日

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android