今泉恒丸(読み)いまいずみ つねまる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今泉恒丸 いまいずみ-つねまる

1751-1810 江戸時代中期-後期の俳人。
宝暦元年生まれ。加舎白雄(かや-しらお)にまなび,夏目成美(せいび)や小林一茶とまじわる。晩年は門弟青野太笻(たこう)にまねかれ,下総(しもうさ)佐原(千葉県)にすんだ。文化7年9月14日死去。60歳。没後に追善句集「玉笹集」が刊行された。陸奥(むつ)三春(福島県)出身。通称は与右衛門。別号に太寧,養拙斎,葛斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android