コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今田重太郎 いまだ じゅうたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今田重太郎 いまだ-じゅうたろう

1898-1993 大正-昭和時代の登山ガイド。
明治31年12月14日生まれ。19歳のとき内野常次郎に弟子入り。大正13年北アルプスの白出乗越に穂高初の山小屋(現穂高岳山荘)をつくる。昭和26年岳沢から前穂高岳にいたる重太郎新道をひらいた。平成5年8月31日死去。94歳。岐阜県出身。著作に「穂高に生きる」。
【格言など】登山者の力量と山とが釣り合っていれば,遭難しても無事でいられる

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今田重太郎の関連キーワード内野常次郎山案内

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

今田重太郎の関連情報