今田重太郎(読み)いまだ じゅうたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今田重太郎 いまだ-じゅうたろう

1898-1993 大正-昭和時代の登山ガイド。
明治31年12月14日生まれ。19歳のとき内野常次郎に弟子入り。大正13年北アルプスの白出乗越に穂高初の山小屋(現穂高岳山荘)をつくる。昭和26年岳沢から前穂高岳にいたる重太郎新道をひらいた。平成5年8月31日死去。94歳。岐阜県出身。著作に「穂高に生きる」。
【格言など】登山者の力量と山とが釣り合っていれば,遭難しても無事でいられる

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android