コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穂高 ほたか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

穂高
ほたか

長野県西部,安曇野市北西部の旧町域。松本盆地の中央部にある。 1921年東穂高村から改称して町制。 1954年有明村,西穂高村,北穂高村と合体。 2005年豊科町,三郷村,堀金村,明科町の2町2村と合体して安曇野市となった。西部に大天井岳常念岳などがそびえる。中房川,烏川,高瀬川などの複合扇状地で,安曇野の水田地帯。中心集落の穂高は千国街道に沿う宿場町として発展した。通信機,電線などの工場も進出。豊富な湧き水を利用してワサビを栽培し,ニジマスの養殖場もある。西部の山地には中房温泉,有明温泉があり,有明山南麓の高原は別荘など休養施設が多い。碌山美術館 (→荻原守衛 ) が知られる。松尾寺本堂,曾根原家住宅は国の重要文化財に指定。また中房温泉の膠状ケイ酸 (珪酸) およびケイ華 (珪華) は国指定天然記念物。一部は中部山岳国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほたか【穂高】

長野県西部、安曇野あづみの市の地名。松本盆地の北部にあり、飛驒山脈登山口の一。中房温泉・有明温泉・碌山ろくざん美術館などがある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

穂高
ほたか

長野県中西部、南安曇(みなみあずみ)郡にあった旧町名(穂高町(まち))。現在は安曇野(あづみの)市の北部を占める。旧穂高町は1921年(大正10)町制施行。1954年(昭和29)有明(ありあけ)、西穂高、北穂高の3村と合併。2005年(平成17)同郡豊科(とよしな)町、三郷(みさと)村、堀金(ほりがね)村、東筑摩(ひがしちくま)郡明科(あかしな)町と合併して市制施行、安曇野市となった。旧穂高町域は松本盆地の中央部に位置し、北アルプスの前山である常念(じょうねん)山脈の東麓(とうろく)で、梓(あずさ)川と高瀬川などの扇状地上にある。JR大糸線と国道147号(糸魚川(いといがわ)街道)が並行して南北に走る。中心集落穂高は近世には糸魚川街道の保高宿で、現在は農業と観光の町。近世から用水路による開拓が行われ、県下第一の米作地をなしている。高瀬川と梓川の合流点付近は地下水が豊富でワサビ栽培が行われ、観光地になっている。北部の有明山南麓は雑木林の原野で別荘地開発が進んでいる。中房(なかぶさ)川の上流には中房、有明、穂高の温泉がある。彫刻家荻原碌山(おぎわらろくざん)の作品を収蔵する碌山美術館、天蚕(てんさん)、ワサビ栽培の資料を展示する郷土資料館などがあり、式内社(しきないしゃ)穂高神社の御船祭(9月26、27日)は県の無形民俗文化財。「中房温泉の膠状珪酸(こうじょうけいさん)および珪華」は国指定天然記念物。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

穂高の関連情報