コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

介行まん かいぎょう まん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

介行まん かいぎょう-まん

1717-1807 江戸時代中期の行者。
享保(きょうほう)2年生まれ。食行身禄(じきぎょう-みろく)の次女。大和(奈良県)郡山(こおりやま)藩士黒木長三郎と結婚。寛政元年富士講身禄派の総帥(そうすい)となる。富士講の祖である身禄の菩提寺海蔵寺には,まんがつくった身禄像がまつられている。文化4年10月26日死去。91歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

介行まんの関連キーワードデービー(Sir Humphry Davy)備後国近・現代ラテンアメリカ史(年表)レザノフブラウンレザノフ並木五瓶(初代)レザーノフスティロライトラテライト

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android