仏種(読み)ブッシュ

デジタル大辞泉の解説

仏語。
仏となるための種子(しゅうじ)。仏性(ぶっしょう)。
仏の教え。
仏果を生じるもととなるもの、すなわち菩薩(ぼさつ)の所行。
の道の跡継ぎ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 仏語。
① 仏になるための種。仏果を得るための因子。仏性。
※愚迷発心集(1213頃)「悲哉無上の仏種を備ながら〈略〉凡夫として、未だ都て出離の期を知ず」 〔維摩経‐中〕
② 世の人を悟りに導く仏の教え。仏性を開発させる仏の教法。
※観智院本三宝絵(984)中「愚なる詞にかかりて、我国の仏種は断ぬべかりけるを」
③ 菩薩として行なう修行。菩薩の行なう慈悲の実践。
※山家学生式(818‐819)「依慈悲門、有情導大、〈略〉仏種不断」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android