コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山家学生式 さんげがくしょうしき

6件 の用語解説(山家学生式の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山家学生式
さんげがくしょうしき

最澄著。 (1) 『天台法華宗年分学生式』,六条式ともいう。弘仁9 (818) 年5月成立。 (2) 『勧奨天台宗年分学生式』,八条式ともいう。同年8月成立。 (3) 『天台法華宗年分度者回小向大式』,四条式ともいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さんげがくしょうしき〔サンゲガクシヤウシキ〕【山家学生式】

平安初期の仏教書。1巻。最澄著。天台法華宗年分学生式(六条式)、勧奨天台宗年分学生式(八条式)、天台法華宗年分度者回小向大式(四条式)の3部の総称。弘仁9~10年(818~819)に順次成立。天台宗(山家)での学生養成制度を勅許されるよう願ったもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

山家学生式【さんげがくしょうしき】

平安初期の仏書。最澄が天台宗の僧侶の教育方針や実際規定などについて818年―819年嵯峨天皇に上奏した《六条式》《八条式》《四条式》の3式の総称。当時諸宗の僧がひとしく東大寺薬師寺(栃木)・観世音(かんぜおん)寺(福岡)の戒壇院で登壇受戒することに定められていた制を改め,天台僧には独自の方法があることを打ち出し,南都の僧綱の論難をまき起こした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さんげがくしょうしき【山家学生式】

最澄の著。818年(弘仁9)5月13日付の《天台法華宗年分学生式(六条式)》,同年8月27日付の《勧奨天台宗年分学生式(八条式)》,翌819年3月15日付の《天台法華宗年分度者回小(えしよう)向大式(四条式)》の3部を総称していう。いずれも天台宗の年分学生(年分度者)の修業年限や課程を規定したもの。山家とは天台宗の意。従来,大僧(比丘(びく))になるには南都の戒壇で小乗戒を受けねばならなかったが,最澄は,天台宗の独立をはかり,大乗戒の菩薩僧を養成するための条式を制定した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんげがくしょうしき【山家学生式】

最澄が比叡山の僧侶のために、818年から19年にかけて著した天台宗の修行規定。南都仏教に対して、天台宗の独立を明らかにし、大乗戒の必要を説いたもの。「天台法華宗年分学生式(六条式)」「勧奨天台宗年分学生式(八条式)」「天台法華宗年分度者回小向大式(四条式)」の総称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山家学生式
さんげがくしょうしき

最澄(さいちょう)が樹立しようとした、天台宗の僧の養成についての規則。最澄は、自然現象の順調な推移、災害なき国家を実現するためには、純粋な大乗の僧(菩薩(ぼさつ)僧)の養成が不可欠と考えた。そこで、天台宗の僧には、奈良で行われていた小乗の戒律による受戒の制度を離れて、比叡(ひえい)山上に新たに大乗戒壇を設けて大乗の戒によって授戒のうえ僧の資格を与え、授戒後は20年間を比叡山上で学問修行させる規則をつくって朝廷の許可を求めた。最初に天台法華宗(ほっけしゅう)年分(ねんぶん)学生式(六条式)を818年(弘仁9)5月13日に、ついで勧奨(かんしょう)天台宗年分学生式(八条式)を同年8月27日に、天台法華宗年分度者回小向大(えしょうこうだい)式(四条式)を翌年3月15日に提出した。以上三つの式を総称して山家学生式という。しかし奈良の仏教界の反対があって許可されず、最澄は『顕戒論(けんかいろん)』などの著作を行って、その戒律思想の正統性を訴えた。しかし彼の生存中にはついに許されず、没後7日目の822年6月10日に至って許され、翌年から天台宗では新制度による授戒が行われた。[田村晃祐]
『安藤俊雄・薗田香融校注『日本思想大系4 最澄』(1974・岩波書店) ▽石田瑞麿著『日本仏教における戒律の研究』(1963・在家仏教協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の山家学生式の言及

【最澄】より

…最澄は自己の教学の優越性に自信を深め,そして究極の目的とする大乗戒壇の設立に邁進した。かつて19歳のとき東大寺で受けた小乗戒は,まったく形式主義に堕し,国家鎮護・衆生済度の大任を果たしえないとして,818年みずから破棄を宣言し,ついで《山家学生(さんげがくしよう)式》を定め,天台宗の年分度者は比叡山において大乗戒を受けて菩薩僧となり,12年間山中で修行することを義務づけた。これに対して南都の僧綱は猛然と反論した。…

※「山家学生式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山家学生式の関連キーワード顕戒論義真仁徳水無月会穴太内人円修経珍光定坂本親王仲雄王

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山家学生式の関連情報