コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏頂 ブッチョウ

デジタル大辞泉の解説

ぶっ‐ちょう〔‐チヤウ〕【仏頂】

[名]仏の頭の頂。肉髻(にくけい)をさす。
[名・形動]無愛想なこと。また、そのさま。
「誰が来てもああいう―な顔をしているのだから」〈紅葉・二人女房〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶっちょう【仏頂】

( 名 )
仏の頭の頂き。肉髻につけいの部分。
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
無愛想な・こと(さま)。 「 -な顔をする」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の仏頂の言及

【一字金輪】より

…一字金輪仏頂のことで,一字金輪王,一字頂輪王,金輪仏頂王などともいう。仏頂部の中で最もすぐれた仏頂(如来)を意味する。…

※「仏頂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

仏頂の関連キーワードチエントンナン(黔東南)ミヤオ(苗)族トン(侗)族自治州クイチョウ(貴州)高原トンレン(銅仁)地区オーメイ(峨眉)山峨眉山と楽山大仏一字金輪仏頂尊おくのほそ道永源寺(寺)一字金輪如来台密十三流尊勝曼荼羅尊勝陀羅尼玄海(3)保内商人五色の水首楞厳経一糸文守尊勝仏頂星曼荼羅一字金輪

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仏頂の関連情報