コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

他化自在天 タケジザイテン

デジタル大辞泉の解説

たけ‐じざいてん【他化自在天】

仏語。六欲天の一。他の欲望を自在に受けて楽しむことができるところとされる。自在天。→天魔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たけじざいてん【他化自在天】

〘仏〙
六欲天の中で最上の天。この天に生まれた者は他の天の者が作ったものを自在に自己の楽として受けとる。魔天。他化天。第六天。
胎蔵界曼荼羅外金剛部院にある一尊。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

他化自在天の関連キーワード兜率天理趣経第六天四魔魔天最上

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android