六欲天(読み)ロクヨクテン

大辞林 第三版の解説

ろくよくてん【六欲天】

〘仏〙 欲界に属する六種の天上界。四王天・忉利とうり天・夜摩やま天・兜率とそつ天・楽変化らくへんげ天・他化自在たけじざい天の総称。六天。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ろくよく‐てん【六欲天】

〘名〙 仏語。欲界・色界・無色界の三界の諸天の中、欲界に属する六つの天。すなわち、四王天・忉利(とうり)天・夜摩(やま)天・兜率(とそつ)天・楽変化(らくへんげ)天・他化自在(たけじざい)天。六欲。
※観智院本三宝絵(984)下「六欲天のたのしびさかなるも〈略〉皆僧に湯をあむししによりて也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の六欲天の言及

【天】より

…この天上の父神という性格は,一般に遊牧民族に固有の家父長的・父権的な社会構成にもとづくとされ,ユダヤ教,キリスト教,イスラム教などにみられる天上の唯一神の信仰形式をも方向づけることになった。 仏教では兜率(とそつ)浄土のように天上に極楽を想定する世界観が発達したが,しかし同時に,たとえば六欲天のように天界の領域をさまざまに区分して,そこに迷いの世界を設定しているのであって,天はかならずしもそれ自体として崇拝の対象とされたのではなかった。日本の神話においては,海上のかなたに想像された常世(とこよ)の国の考え方と並んで,天上に高天原(たかまがはら)(高天原神話)をおく観念が成立し,そこには数多くの天津神(あまつかみ)が存在すると考えられた。…

※「六欲天」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android