コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛生 くずう

3件 の用語解説(葛生の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

葛生
くずう

栃木県南西部,佐野市北東部の旧町域。足尾山地の南斜面にある。東隣の栃木市北西部に飛び地がある。1889年町制。1955年常盤村,氷室村の 2村と合体。2005年佐野市,田沼町と合体して佐野市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くずう【葛生】

葛のはえている所。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

葛生
くずう

栃木県南西部、安蘇(あそ)郡にあった旧町名(葛生町(まち))。現在は、佐野市の北東部を占める一地区。旧葛生町は、1889年(明治22)町制施行。1955年(昭和30)常盤(ときわ)、氷室(ひむろ)の2村と合併。2005年(平成17)佐野市に合併。東武鉄道佐野線、国道293号が通じる。足尾(あしお)山地にあり、秋山川が貫流する。石灰、ドロマイト工業、セメント工業が盛んで、近世から「野州(やしゅう)石灰」の名で渡良瀬(わたらせ)川の水運を利用して江戸に送られ、「八王子石灰」と対抗していた。江戸城の修復にも利用された。とくに、製鋼用原料になるドロマイトの生産が重要で、京浜地域に送られる。[村上雅康]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の葛生の言及

【足尾山地】より

…マンガン鉱床が存在するが,今は採鉱されない。南東麓の葛生(くずう)地区には馬蹄形に石灰岩,ドロマイトが分布していて,セメント工場,製鉄用の生石灰工場などの石灰工業が行われる。山地内の谷底平野には水田が開け,コンニャクイモ,イチゴが栽培され,小規模ながら大麻も作られる。…

※「葛生」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

葛生の関連キーワード栃木県佐野市大橋町栃木県佐野市北茂呂町栃木県佐野市葛生東栃木県佐野市大町栃木県佐野市高砂町栃木県佐野市田沼町栃木県佐野市豊代町栃木県佐野市堀米町栃木県佐野市本町栃木県佐野市町谷町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

葛生の関連情報