コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛生 くずう

3件 の用語解説(葛生の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

葛生
くずう

栃木県南西部,佐野市北東部の旧町域。足尾山地の南斜面にある。東隣の栃木市北西部に飛び地がある。1889年町制。1955年常盤村,氷室村の 2村と合体。2005年佐野市,田沼町と合体して佐野市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

葛生
くずう

栃木県南西部、安蘇(あそ)郡にあった旧町名(葛生町(まち))。現在は、佐野市の北東部を占める一地区。旧葛生町は、1889年(明治22)町制施行。1955年(昭和30)常盤(ときわ)、氷室(ひむろ)の2村と合併。2005年(平成17)佐野市に合併。東武鉄道佐野線、国道293号が通じる。足尾(あしお)山地にあり、秋山川が貫流する。石灰、ドロマイト工業、セメント工業が盛んで、近世から「野州(やしゅう)石灰」の名で渡良瀬(わたらせ)川の水運を利用して江戸に送られ、「八王子石灰」と対抗していた。江戸城の修復にも利用された。とくに、製鋼用原料になるドロマイトの生産が重要で、京浜地域に送られる。[村上雅康]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の葛生の言及

【足尾山地】より

…マンガン鉱床が存在するが,今は採鉱されない。南東麓の葛生(くずう)地区には馬蹄形に石灰岩,ドロマイトが分布していて,セメント工場,製鉄用の生石灰工場などの石灰工業が行われる。山地内の谷底平野には水田が開け,コンニャクイモ,イチゴが栽培され,小規模ながら大麻も作られる。…

※「葛生」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

葛生の関連情報