コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付(け)立て ツケタテ

デジタル大辞泉の解説

つけ‐たて【付(け)立て】

つけたばかりであること。
帳面にしるしをつけること。
歌舞伎で、初日前に、上演に必要な衣装・小道具鳴り物などを帳面付け帳)に書き上げること。
円山派四条派に多く見られる日本画の技法の一。輪郭を用いず、濃淡2種の墨または絵の具を同時に含ませた筆で一気にかき、陰影や立体感を表すもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

付(け)立ての関連キーワード三井文庫しるし

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android