コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付(け)金 ツケガネ

デジタル大辞泉の解説

つけ‐がね【付(け)金】

装飾のためにつける金具。
祝い事などのときに、あいさつ代わりに贈る金銭。
「相応の―して子のなき方へ養子に遣はし」〈浮・織留・六〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

付(け)金の関連キーワード電源立地地域対策交付金障害者雇用納付金制度所得補償保険の保険金年金払積立傷害保険年金・被贈等の収入犯罪被害者給付制度介護給付費納付金カントリーリスク高度先進医療特約電源三法交付金市町村納付金手付けを打つ介護保険特約医療保障保険スタイペンドモラルリスク退院給付特約育児休業給付紐付き融資年賀寄付金

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android