コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

代赭 タイシャ

大辞林 第三版の解説

たいしゃ【代赭】

〔中国、山西省代州から良質のものが採れることから〕
代赭石を粉末にした赤色系の顔料。
「代赭色」の略。
「代赭石」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の代赭の言及

【べんがら(弁柄∥紅殻)】より

…代赭(たいしや),インド赤,ベネチアン赤,ターキー赤,血朱,鉄朱,鉄丹などとも呼ばれる。酸化鉄Fe2O3を主体とする赤色無機顔料で,硫酸鉄(II)を加熱焙焼(ばいしよう)する乾式法か,硫酸鉄(II)より湿式法で黄色酸化鉄をつくり焙焼する湿式法によって製造される。…

※「代赭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

代赭の関連キーワードべんがら(弁柄∥紅殻)埋れ木細工千金甲古墳舞台化粧浦上玉堂加藤文琢岩絵の具浅絳山水日本画継色紙岩絵具代赭石薄彩色赭石隈取丹石

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android