コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

代赭 タイシャ

大辞林 第三版の解説

たいしゃ【代赭】

〔中国、山西省代州から良質のものが採れることから〕
代赭石を粉末にした赤色系の顔料。
「代赭色」の略。
「代赭石」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の代赭の言及

【べんがら(弁柄∥紅殻)】より

…代赭(たいしや),インド赤,ベネチアン赤,ターキー赤,血朱,鉄朱,鉄丹などとも呼ばれる。酸化鉄Fe2O3を主体とする赤色無機顔料で,硫酸鉄(II)を加熱焙焼(ばいしよう)する乾式法か,硫酸鉄(II)より湿式法で黄色酸化鉄をつくり焙焼する湿式法によって製造される。…

※「代赭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

代赭の関連キーワードべんがら(弁柄∥紅殻)埋れ木細工千金甲古墳舞台化粧浦上玉堂加藤文琢岩絵の具浅絳山水日本画継色紙岩絵具代赭石薄彩色隈取赭石丹石

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android