代赭(読み)タイシャ

  • 代×赭

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (中国の山西省代州産のものを上品とするところからいう) 赤色の粉末。顔料とする。黄土を灼熱(しゃくねつ)して水分をとり去ったもの。または赤鉄鉱を粉砕したものを用いる。鉄朱。
※五重塔(1891‐92)〈幸田露伴〉二一「赭色(タイシャ)になりて荷(はす)の茎ばかり情無う立てる間に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の代赭の言及

【べんがら(弁柄∥紅殻)】より

…代赭(たいしや),インド赤,ベネチアン赤,ターキー赤,血朱,鉄朱,鉄丹などとも呼ばれる。酸化鉄Fe2O3を主体とする赤色無機顔料で,硫酸鉄(II)を加熱焙焼(ばいしよう)する乾式法か,硫酸鉄(II)より湿式法で黄色酸化鉄をつくり焙焼する湿式法によって製造される。…

※「代赭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android