コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

代赭色 たいしゃいろ

色名がわかる辞典の解説

たいしゃいろ【代赭色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「くすんだ黄赤」としている。一般に、赤土から作られる天然の酸化鉄顔料の色をさす。やや明るい茶色。茶色よりみと黄色みが少し強い。赤土は別名「赭」ともいい、中国代州で産出する赤土が有名だったことから、この名がついた。岩絵の具の色として用いられることが多い。近代になって布地の染色にも使われるようになった。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たいしゃ‐いろ【代×赭色】

代赭1に似た、褐色を帯びた黄色または赤色

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいしゃいろ【代赭色】

代赭石に似た、茶みのあるだいだい色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

代赭色の関連キーワード千金甲古墳浅絳山水代赭石色名

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android