令外の官(読み)りょうげのかん

精選版 日本国語大辞典 「令外の官」の意味・読み・例文・類語

りょうげ【令外】 の 官(かん)

大宝または養老令の制定後に設置された官司官職内大臣中納言按察使(あぜち)勘解由使(かげゆし)鎮守府将軍征夷大将軍など。
※続日本紀‐宝亀元年(770)九月壬戌「令外之官、其員繁夥、徒費国用

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「令外の官」の意味・読み・例文・類語

りょうげ‐の‐かん〔リヤウゲ‐クワン〕【令外の官】

令に定められた以外の官職・官庁大宝令または養老令の制定後に設置された官で、内大臣中納言参議蔵人所くろうどどころ検非違使けびいし按察使あぜち征夷大将軍など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android