コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勘解由使 かげゆし

6件 の用語解説(勘解由使の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勘解由使
かげゆし

平安時代初期に始る令外官。役人交代の際,前任者から後任者への引継ぎ書類を審査した職。事務引継ぎに欠陥がないと認めたとき,新任者が前任者に与える書類を解由状といった。4~6年ごとに交代する国司の不正を防ぐため解由状を出させることは,8世紀の中頃から行われたが,のち中央の官吏の交代時にも適用された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かげゆ‐し【勘解由使】

令外(りょうげ)の官の一。平安時代国司などの官吏が交代するとき、新任者が無事に事務を引き継いだことを証明する解由状(げゆじょう)の審査にあたった職。平安末期には有名無実と化した。かんげゆし。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

勘解由使【かげゆし】

平安初期,国司交替を円滑にするために設置された令外官(りょうげのかん)。新旧両官の事務引継ぎの際に不正や争いが絶えず,その対策として設置された人事監督官だが,平安末期には有名無実化した。
→関連項目桓武天皇解由状交替式

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かげゆし【勘解由使】

平安初期に設置された令外官(りようげのかん)の一つ。〈とくるよしかんがふるつかさ〉ともいう。8世紀後半以降,地方行政の弛緩が目だちはじめ,国司に対する監督が強化されたが,その一環として,国司交替の際に前任者が交替完了の証明のため発給して後任者に与える解由状(げゆじよう)の制度の強化がはかられた。それにともなう事務処理および解由状の勘査を行うために設置されたのが勘解由使である。設置の時期については明証を欠いているが,長官・判官が同時に任命された797年(延暦16)9月4日を創設の時期とするのが穏当である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かげゆし【勘解由使】

平安初期、主に国司交代の際、事務引き継ぎを監督するために置かれた令外りようげの官。新任者が前任者に交付する解由状を審査した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勘解由使
かげゆし

令外官(りょうげのかん)の一つ。内外官人の交替のとき、事務の引き継ぎに際し後任者が前任者に交付する書類を審査する官。和名で「とくるよしかんがうるつかさ」とも読む。役所は太政官(だいじょうかん)の北西隅、中務(なかつかさ)省の南にあった。その職員は長官(かみ)1人、次官(すけ)2人、判官(じょう)3人、主典(さかん)3人の四等官制をとり、その下に史生(ししょう)、使部(しぶ)などが所属する。とくに国司の交替に際し、後任者が前任者に対し、容易に解由(事務を滞りなく引き継いだことを証する文書)を与えず、前任と後任との間に、争論や不正などが生じることが多かったため、桓武(かんむ)天皇の797年(延暦16)ころ、この使を置いてその処理にあたらせた。ついで翌798年使職員の待遇を定めたが、平城(へいぜい)天皇の806年(大同1)に至り一時廃止。その後、淳和(じゅんな)天皇の824年(天長1)に復活。これ以後は常置の官として存続するが、しだいに有名無実化した。延暦(えんりゃく)・貞観(じょうがん)・延喜(えんぎ)3代の『交替式(こうたいしき)』は、内外官の交替に関する法令格式(きゃくしき)を集成したものである。[渡辺直彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の勘解由使の言及

【交替式】より

…平安時代初期,内外官の交替に関する規則を集成した法規集。《延暦交替式》《貞観交替式》《延喜交替式》の3種があり,いずれも勘解由使(かげゆし)によって編纂された。奈良時代には,外官(地方官)たる国司の交替に際し,後任の国司が前任の国司から事務引継ぎを受けるに当たって,一種の会計監査を行い,前任国司は解由(げゆ)という監査済の証明書をもらって都に帰任するしくみになっていた。…

※「勘解由使」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

勘解由使の関連キーワード検非違使紫微中台別当宣令外官修理職観察使令外令外の官年金特別会計内豎省

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone