以呂波・伊呂波(読み)いろは

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] (「いろは歌」四七字の最初の三字をとった語)
① 「いろはうた(以呂波歌)①」または「いろはがな(以呂波仮名)」の略称。また、「いろは歌」を仮名書きにして濁点を取り除いて読み下したもの、またその最後に「ん」または「京」の文字を加えたもの。いろはしじゅうはちもじ。
※台記‐久安六年(1150)正月一二日「今日、今麻呂参御前、依勅書以呂波
② (①を習字の始めにならうことから) 物事、特にけいこ事の初歩。物事の習い始め。入門的で平易な事柄。
※日蓮遺文‐浄蓮房御書(1275)「日本国之いろはは、天台山の慧心の往生要集此(これ)也」
③ 物事の順序を示したり、区分を行なったりするために用いる符号。
※雑俳・柳多留‐一一(1776)「いろはでは元日からも来なといふ」
⑤ (討入りの時に、四十七士を「いろは」の三組に分けたと伝えられるところから) 赤穂四十七士の吉良邸討入りをさしていう語。
※雑俳・柳多留‐二六(1796)「三年でいろはを上る本望さ」
[2]
[一] 狂言。各流。父親が子にいろはを教えようとして、口写しに言えと注意すると子が何から何まで父親のまねをするので怒るという筋。
[二] (伊路波) 室町時代に朝鮮で作られた日本語学習書。「弘治五年朝鮮板伊路波」とも呼ばれる。弘治五年(一四九二=日本の明応元年)刊行。朝鮮における日本語学習書で現存する最古のもの。日本語の発音をハングルで注記しており、日本語・朝鮮語の音韻史資料として貴重。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android