諸行(読み)ショギョウ

  • しょぎょう ‥ギャウ
  • しょぎょう〔ギヤウ〕

デジタル大辞泉の解説

仏語。
因縁の和合によってつくられる、この世の一切の事物・現象。万有。万物。
一切の善の行為。悟りに至るためのすべての善行。
浄土教で、念仏以外のすべての修行

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 仏語。
① 因縁の和合によって造られたいっさいのもの。この世のいっさいの現象。万有。万物。→諸行無常
※勝鬘経義疏(611)一乗章「応得者。謂諸行及別相知見」
※宝物集(1179頃)「諸行は無常なりと観するを如法の大意とは申とこそは承しか」
② いっさいの善の行為。悟りに至るためのすべての善行。
③ 浄土教で、念仏以外のすべての修行。
※選択本願念仏集(1198頃)「故知、念仏易故通於一切、諸行難故、不諸機

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

諸行の関連情報