コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮名性理(読み)かなせいり

百科事典マイペディアの解説

仮名性理【かなせいり】

仮名性理竹馬抄(ちくばしょう)とも。藤原惺窩(せいか)の著という。1冊。1691年刊。天道・明徳・誠・敬・五常・五倫をはじめ,儒道と仏道との相違などを,日本の事例をも引き,宋学朱子学)の立場から明らかにしたもの。老母のために和文を用い,《千代(ちよ)もと草》と題する1788年版もある。
→関連項目本佐録

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android