仮名詩(読み)カナシ

大辞林 第三版の解説

かなし【仮名詩】

俳諧用語。漢詩の五言律・七言律などの形式にならい、国語で綴つづった詩。各務支考かがみしこうの創意といわれ、五十音図の横列によって仮名の押韻おういん(脚韻)を試みたもの。蕪村の「春風馬堤曲」もその一つ。和詩。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かな‐し【仮名詩】

〘名〙 漢詩の形式にならい、国語でつづった詩。各務支考(かがみしこう)の創意になるもので、その種類は、絶句形式のものに五言・七言、律詩形式のものに五言律・七言律があった。五言は一句一〇音、七言は一句一四音で、押韻の作法まで漢詩を模している。著名な作に、其角(きかく)の「鉢叩の歌」、蕪村の「春風馬堤曲」がある。新体詩の先駆形式ともいえる。和詩。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android