コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮名詩 カナシ

大辞林 第三版の解説

かなし【仮名詩】

俳諧用語。漢詩の五言律・七言律などの形式にならい、国語で綴つづった詩。各務支考かがみしこうの創意といわれ、五十音図の横列によって仮名の押韻おういん(脚韻)を試みたもの。蕪村の「春風馬堤曲」もその一つ。和詩。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

仮名詩の関連キーワード感和亭鬼武和詩・倭詩加藤暁台五十音図各務支考和詩

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android