コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和詩/倭詩 ワシ

2件 の用語解説(和詩/倭詩の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

わ‐し【和詩/×倭詩】

漢詩に対して、和歌やまとうた。
日本人の作った漢詩。
江戸時代、漢詩の形式にならった仮名交じりの詩。各務支考(かがみしこう)の創意になるもので、俳諧的な趣をもつ。仮名詩。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和詩
わし

広くは贈答の漢詩の答えにあたる漢詩のことをいい、また、中国の詩に対して日本人のつくった漢詩のことをいう。漢詩に対して和歌のことをいう場合もある。
 狭くは江戸時代に支考が考案した仮名詩のことをいい、それに蕪村(ぶそん)らの自由詩を含めることもある。また支考らの仮名詩と区別して蕪村らの自由詩を和詩ということもある。支考は俳文の一格として仮名交じりの詩をつくることを考え、漢詩の絶句(四行)や律詩(八行)に学び、五言・七言にあたるものとして十音・十四音とし、さらに五十音図の横列によって韻を踏んだ。それを仮名詩とよび、作品は主として支考編の『本朝文鑑(ぶんかん)』(1718)、『和漢文操(ぶんそう)』(1727)に収められている。その後、仮名詩には種々の変型が現れ、押韻のないものや、七・七調六行の新体なども行われ、さらにいっそう自由な形式のものも現れてきた。仮名詩の初期の作品は、規則に縛られて詩趣に乏しいものが多いが、形式が自由になるとともに、文学的に多少みるべきものも現れ、完全に自由な詩である蕪村の「北寿老仙(ほくじゅろうせん)をいたむ」「春風馬堤曲(しゅんぷうばていのきょく)」などはとくに優れた作品である。[山下一海]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和詩/倭詩の関連キーワード福田古道人大和歌大和言葉和歌歌の病唐歌本歌大和仮名倭音大和錦

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone