コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉢叩き ハチタタキ

デジタル大辞泉の解説

はち‐たたき【鉢×叩き】

空也(くうや)念仏のこと。
空也念仏を行いながら勧進すること。また、その人々。江戸時代には門付け芸にもなった。特に、京都の空也堂の行者が陰暦11月13日の空也忌から大晦日までの48日間、鉦(かね)やひょうたんをたたきながら行うものが有名。 冬》「長嘯(ちゃうせう)(=歌人)の墓もめぐるか―/芭蕉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はちたたき【鉢叩き】

中世に広まった念仏信仰の一。また、その宗教者。空也を祖と仰ぐ。鉦かねや瓢簞ひようたんを叩き、念仏や和讃を唱え、念仏踊りを行なって、布施を求めた。 [季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鉢叩きの関連キーワード念仏踊り空也念仏長嘯門付鉢叩和讃