仮諦(読み)ケタイ

大辞林 第三版の解説

けたい【仮諦】

〘仏〙 三諦さんたいの一。すべての存在は実体がなく空であるが、縁によって仮に生じ現前するということ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

け‐たい【仮諦】

〘名〙 (「け」は「仮」の呉音) 仏語。天台宗で、一切の存在がそのまま絶対の真実を明かすと説くために示す、空・仮・中の三諦(さんたい)の一つ。一切の現象は因縁が和合して仮に存在すると説くもの。
※雑談集(1305)五「孔子の五常は仮諦(ケタイ)戒門の方便也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の仮諦の言及

【山王神道】より

…しかし大山咋神は元来比叡山の地主神(じぬしがみ)であったので天台宗徒は宗派の守護神と仰ぎ,唐の天台山の守神たる地主山王に擬し,この神を山王と称し天台神道の主神とした。 山王神道の中心思想は山王の2字を天台宗の三諦円融観をもって説明するもので,三諦とは仮諦・空諦・中諦を指す。仮諦とは万法妙有,空諦とは諸法真空,中諦とは諸法実相非有非空を指し,円融観からすれば三諦は一つである(三諦即一)と説かれる。…

※「仮諦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android