コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仲宗根豊見親 なかそね とゆみや

3件 の用語解説(仲宗根豊見親の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仲宗根豊見親 なかそね-とゆみや

?-? 琉球宮古島の首長。
「忠導氏家譜」によると天順年間(1457-64)に生まれる。1500年八重山遠弥計赤蜂(おやけ-あかはち)の乱で中山(ちゅうざん)軍の先鋒として戦功をたて,尚真王から宮古島の初代の頭(かしら)に任命された。幼名は空広(そらびー)。字(あざな)は玄雅(げんが)。名は「とよみや」ともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

仲宗根豊見親

生年:生没年不詳
中世琉球の宮古地方の首長。豊見親を祖とする忠導氏の系図によると明暦の天順年間(1457~64)の生まれ,16世紀初期没と伝わる。宮古地方の覇者であったが,尚真王の地域支配の前に屈伏した。尚真24(1500)年に八重山地方で起こった遠弥計赤蜂の乱では国王軍の先鋒として戦功を挙げ,宮古地方の首長の地位を安堵された。行政制度の確立や道路整備に力を入れるなど,宮古地方の基盤を固めた。切り石積みのみごとな墓が平良市の漲水海岸に残っている。

(高良倉吉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仲宗根豊見親
なかそねとゆみや

生没年不詳。沖縄の宮古(みやこ)島の首長。豊見親は首長の尊称。空広(そらびー)ともよばれ、後世「玄雅(げんが)」の字(あざな)が贈られた。15世紀中ごろの生まれ、16世紀中ごろの没と伝わるが、経歴はほとんど不明である。15世紀末期ごろに宮古島の覇者となり、やがて首里(しゅり)の王権に臣従して地位を安堵(あんど)されたという。八重山(やえやま)にアカハチ・ホンガワラの乱(1500)が起こると国王軍に加勢して勲功をあげ、宮古の初代の頭(かしら)に任じられた。その子孫は後世忠導(ちゅうどう)氏とよばれ、代々頭職に就任し、宮古島きっての勢家となった。[高良倉吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仲宗根豊見親の関連キーワード按司古地理学荒木流河東派京学関流富田流豊見城阿麻和利遠弥計赤蜂

仲宗根豊見親の関連情報