コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仲算 ちゅうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仲算 ちゅうざん

935-976 平安時代中期の僧。
承平(じょうへい)5年生まれ。法相(ほっそう)宗。奈良興福寺(こうふくじ)喜多院の空晴(くうせい)にまなぶ。応和3年応和の宗論の際,延暦(えんりゃく)寺の良源を論破し,法相宗南都六宗の長官となった。天延元年西大寺別当。貞元(じょうげん)元年10月19日死去。42歳。通称は松室先徳。著作に「法華経釈文」「法華経略頌」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

仲算

生年:生没年不詳
平安中期の法相宗の僧。興福寺空晴を師として天慶9(946)年に法相宗の修行に入る。応和3(963)年の応和の宗論では,南都側の代表として天台の良源を屈服させる。その後,熊野那智山に赴くが,そのとき安和2(969)年に死去したとも伝えられる。康保2(965)年,村上天皇40歳宝算奉賀の際詠んだ歌が『拾遺和歌集』巻5に収められている。説話の世界でも著名で,のちに神仙の境地を得た稚児を寵愛したという『本朝神仙伝』にみられる仲算伝を原型として,中世の説話に多く登場する。

(追塩千尋)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

仲算の関連キーワード応和宗論音義真興承平聖救力者

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android