コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

企業フィットネス きぎょうフィットネス

1件 の用語解説(企業フィットネスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

企業フィットネス
きぎょうフィットネス

企業内で従業員の健康・体力づくりを進めること。従業員の健康管理といえば,健康診断で病気を早期発見・早期治療することが中心だった。これを2次予防と呼ぶが,疾病構造が変化し,対象となる疾病が高血圧,糖尿病などの慢性疾患となり,早期発見・早期治療の効果が期待できなくなってきた。そこで,より前向きに病気にかからないように健康・体力づくりを進めることが最近の流れになってきている。これを1次予防という。企業は活力維持のため,健康保険組合は医療費の抑制のため,積極的に推進するケースが増えている。内容は運動による健康・体力づくりが中心。持久力をつけることに主眼を置いている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone