コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊丹三樹彦 いたみ みきひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊丹三樹彦 いたみ-みきひこ

1920- 昭和-平成時代の俳人。
大正9年2月3日生まれ。昭和12年日野草城の「旗艦」に参加。戦後「まるめろ」を創刊,24年草城主宰の「青玄」に合流,師の没後は同誌を主宰。現代語をもちいた分かち書き俳句を実践し,写真と俳句の相乗をはかる写俳運動をおこした。現代俳句協会顧問。兵庫県出身。兵庫県工業卒。本名は岩田秀雄。句集に「伊丹三樹彦全句集」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊丹三樹彦の関連キーワード大恐慌牧野省三フルハイビジョンフルHDフィッツジェラルドランランアメリカ演劇帰山教正グリフィス現代音楽

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone