伊佐千尋(読み)いさ ちひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊佐千尋 いさ-ちひろ

1929- 昭和後期-平成時代のノンフィクション作家。
昭和4年6月27日生まれ。八島太郎の子。昭和53年沖縄でのアメリカ兵殺傷事件の裁判をえがいた「逆転」で大宅壮一ノンフィクション賞。つづいて「検屍」「炎上」「司法の犯罪」などを発表。56年「陪審裁判を考える会」を結成した。東京出身。甲府中学4年修了。著作はほかに「裁判員制度は刑事裁判を変えるか」「オキナワと少年」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊佐千尋の関連情報