コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊勢崎銘仙 イセサキメイセン

デジタル大辞泉の解説

いせさき‐めいせん【×勢崎銘仙】

伊勢崎地方から産出する銘仙(かすり)模様の実用品が多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いせさきめいせん【伊勢崎銘仙】

伊勢崎地方から産出する銘仙。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊勢崎銘仙
いせさきめいせん

群馬県伊勢崎市付近で織り出される銘仙。享保(きょうほう)年間(1716~36)以後、農家の副業として太織(ふとおり)とよぶ縞物(しまもの)があり、『万金産業袋(ばんきんすぎわいぶくろ)』では次絹(なみきぬ)の産地とされていた。文政(ぶんせい)年間(1818~30)に元機屋(もとはたや)ができ、農家へ賃機を出すようになってから発展。とくに絣柄(かすりがら)は世間の好みに合致し、他の産地もこれに倣うほどで、第二次世界大戦前の最盛期には、わが国最大の銘仙生産量を誇っていた。絣には併用絣、緯総(よこそう)絣、珍(ちん)絣などがあり、型紙捺染(なっせん)、板締めを併用して織り出され、意匠面にもくふうを凝らしたものが多い。戦後から現在にかけては、生活内容の変化から需要は減少、現在では日常着のウール着尺(きじゃく)、シルクウール着尺などに生産が移行しているが、絣技法はそのまま伝承されている。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の伊勢崎銘仙の言及

【伊勢崎織物】より

…群馬県伊勢崎地方産の絹織物。1720年(享保5)ころから堅牢な太織(ふとおり),縞物の産地として名が売れ,19世紀に入って生産,取引量を増大させた。玉糸,のし糸を原料とし,躄機(いざりばた)による農家の賃織りが主流であったが,1880年代以降,高機(たかばた),化学染料,絹紡糸を導入し,絣物(かすりもの)の生産を軌道にのせるなどして,以後第2次世界大戦前まで銘仙の一大産地となった。戦後の復興期には化繊やウールの着尺(きじやく)の生産が新たに登場した。…

※「伊勢崎銘仙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

伊勢崎銘仙の関連キーワード群馬県伊勢崎市伊勢崎(市)下城弥一郎絹織物

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊勢崎銘仙の関連情報