コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊勢崎銘仙 イセサキメイセン

3件 の用語解説(伊勢崎銘仙の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いせさき‐めいせん【×勢崎銘仙】

伊勢崎地方から産出する銘仙。絣(かすり)模様の実用品が多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いせさきめいせん【伊勢崎銘仙】

伊勢崎地方から産出する銘仙。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊勢崎銘仙
いせさきめいせん

群馬県伊勢崎市付近で織り出される銘仙。享保(きょうほう)年間(1716~36)以後、農家の副業として太織(ふとおり)とよぶ縞物(しまもの)があり、『万金産業袋(ばんきんすぎわいぶくろ)』では次絹(なみきぬ)の産地とされていた。文政(ぶんせい)年間(1818~30)に元機屋(もとはたや)ができ、農家へ賃機を出すようになってから発展。とくに絣柄(かすりがら)は世間の好みに合致し、他の産地もこれに倣うほどで、第二次世界大戦前の最盛期には、わが国最大の銘仙生産量を誇っていた。絣には併用絣、緯総(よこそう)絣、珍(ちん)絣などがあり、型紙捺染(なっせん)、板締めを併用して織り出され、意匠面にもくふうを凝らしたものが多い。戦後から現在にかけては、生活内容の変化から需要は減少、現在では日常着のウール着尺(きじゃく)、シルクウール着尺などに生産が移行しているが、絣技法はそのまま伝承されている。[角山幸洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の伊勢崎銘仙の言及

【伊勢崎織物】より

…群馬県伊勢崎地方産の絹織物。1720年(享保5)ころから堅牢な太織(ふとおり),縞物の産地として名が売れ,19世紀に入って生産,取引量を増大させた。玉糸,のし糸を原料とし,躄機(いざりばた)による農家の賃織りが主流であったが,1880年代以降,高機(たかばた),化学染料,絹紡糸を導入し,絣物(かすりもの)の生産を軌道にのせるなどして,以後第2次世界大戦前まで銘仙の一大産地となった。戦後の復興期には化繊やウールの着尺(きじやく)の生産が新たに登場した。…

※「伊勢崎銘仙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊勢崎銘仙の関連キーワード伊勢崎伊勢崎織江州米五島鯣嵯峨焼秩父縞長浜縮緬野洲晒し三州土伊勢崎織物

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊勢崎銘仙の関連情報