コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊勢貞長 いせ さだなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊勢貞長 いせ-さだなが

1363-1434 南北朝-室町時代の武将。
貞治(じょうじ)2=正平(しょうへい)18年生まれ。伊勢貞継の孫。伊勢貞行の弟。将軍足利義満に側近としてつかえ,警固などにあたる。大坪慶秀(よしひで)から秘伝の鞍鐙(くらあぶみ)の製法をまなび,鞍打師伊勢流をひらいたとされる。永享6年4月7日死去。72歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊勢貞長の関連キーワード室町時代南北朝貞治

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android