コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊地知季安 いじち すえやす

2件 の用語解説(伊地知季安の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊地知季安 いじち-すえやす

1782-1867 江戸時代後期の武士。
天明2年4月11日生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。文化5年藩の政変,近思録崩れで遠島となり,ゆるされたのち鹿児島で謹慎中に藩の史料を収集,おおくの著作をあらわした。嘉永(かえい)5年記録奉行,のち用人。その仕事は「薩藩旧記雑録」で有名。慶応3年8月3日死去。86歳。本姓は伊勢。初名は季彬(すえひで)。字(あざな)は子静。通称は小十郎。号は潜隠。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いじちすえやす【伊地知季安】

1782‐1867(天明2‐慶応3)
江戸後期の薩摩藩士。諱(いみな)は季彬,のち季安,通称小十郎,号潜隠,字は子静。薩摩藩第一等の史学者。1808年(文化5)近思録崩れに座し喜界島遠島,11年赦免後も仕官の途をとざされ,ようやく52年(嘉永5)記録奉行にあげられ,没年まで薩摩藩の根本史料を編集して《薩藩旧記雑録》前後編150巻の大著,ほかに《西藩田租考》《南聘紀考》など多くの著書を著す。【原口 虎雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

伊地知季安の関連キーワードフェイト天明の飢饉石谷清昌ラーマ[1世]児童文学伊地知季安藤堂平助ブラントブリジェンス松林廉之助

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone