コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊地知季安 いじち すえやす

2件 の用語解説(伊地知季安の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊地知季安 いじち-すえやす

1782-1867 江戸時代後期の武士。
天明2年4月11日生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。文化5年藩の政変,近思録崩れで遠島となり,ゆるされたのち鹿児島で謹慎中に藩の史料を収集,おおくの著作をあらわした。嘉永(かえい)5年記録奉行,のち用人。その仕事は「薩藩旧記雑録」で有名。慶応3年8月3日死去。86歳。本姓は伊勢。初名は季彬(すえひで)。字(あざな)は子静。通称は小十郎。号は潜隠。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

いじちすえやす【伊地知季安】

1782‐1867(天明2‐慶応3)
江戸後期の薩摩藩士。諱(いみな)は季彬,のち季安,通称小十郎,号潜隠,字は子静。薩摩藩第一等の史学者。1808年(文化5)近思録崩れに座し喜界島遠島,11年赦免後も仕官の途をとざされ,ようやく52年(嘉永5)記録奉行にあげられ,没年まで薩摩藩の根本史料を編集して《薩藩旧記雑録》前後編150巻の大著,ほかに《西藩田租考》《南聘紀考》など多くの著書を著す。【原口 虎雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊地知季安の関連キーワード岡田子明片山辰世鈴木春波鈴木宗休鈴木蠣潭高田亘野上鹿之助平田三之助柳糸園綾風竜眠

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone