コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薩藩旧記雑録 さっぱんきゅうきざつろく

4件 の用語解説(薩藩旧記雑録の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薩藩旧記雑録
さっぱんきゅうきざつろく

薩摩国 (鹿児島県) 関係の史料集成。 362巻。原題には『旧記雑録』としかないが,一般には『薩藩旧記』といわれる。薩摩藩の国老伊地知季安 (1781~1867) が藩主島津斉彬 (なりあきら) の命を受けて,文化年間 (04~17) 末期頃から編集に着手した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

薩藩旧記雑録【さっぱんきゅうきざつろく】

旧記雑録

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さっぱんきゅうきざつろく【薩藩旧記雑録】

島津家を中心とした薩摩藩関係史料集。原名は《旧記雑録》伊地知季通編。幕末薩摩藩の史学者,記録奉行であった父季安の志をつぎ,その収集史料に増補を重ね編年集成したもの。前編48巻,後編102巻,追録182巻,付録30巻からなり,時代は平安より明治まで。収載史料ですでに原本の失われた文書も多く,その存在は貴重。《鹿児島県史料》として刊行中。【五味 克夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

薩藩旧記雑録
さっぱんきゅうきざつろく

島津家関連の、鹿児島(薩摩(さつま))藩領域にある史料の年次順史料集。島津家文書をもとに、1041年(長久2)から1895年(明治28)までの文書、記録を収載している。基本を鹿児島藩記録奉行の伊地知季安(いじちすえやす)が編纂(へんさん)を始め、その子季通(すえみち)が協力し1897年ごろの分まで補追した。季通が島津家に提出した原本が島津家本で、国宝島津家文書に含まれ、現在は東京大学史料編纂所の所蔵。この原本の名称は『旧記雑録』となっており、前編(長久2~天文23年を収載)48巻、後編(弘治元年~正保元年を収載)102巻、追録(正保2年~明治28年を収載)182巻、附録(年次不詳を収載)30巻の計362巻と膨大で、長期間にわたる史料を編者の高度な見識で選択した。鹿児島史の根本史料集で、全国の地域史料集の中で藩政期に編纂が始められていることでも類例がない。『鹿児島県史料』として全巻公刊された。内閣文庫と鹿児島県立図書館に稿本がある。[三木 靖]
『五味克夫著『「旧記雑録」解題 鹿児島県史料「旧記雑録」追録1、前編1』(1970・鹿児島県)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

薩藩旧記雑録の関連キーワード造士館島津国史薩摩藩の琉球侵攻薩摩義士島津家久(2)島津重年島津忠良島津天錫田中健夫伏敵篇

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone