コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊是名海穴 いぜなかいけつ

1件 の用語解説(伊是名海穴の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊是名海穴
いぜなかいけつ

沖縄島西方の沖縄トラフにある海穴。地質調査所海洋科学技術センター(→海洋研究開発機構)が共同で調査し,1988年ここで熱水の噴出口を発見した。従来,海底熱水鉱床,特に活動しているスモーカー(海底に噴出している熱水)は,プレートの拡大軸でのみ発見されていたが,日本のような島弧(→弧状列島)の後ろに形成されている小規模な海洋底が拡大した背弧海盆にも,熱水鉱床があるのではないかと推定されていた。伊是名の熱水の沈殿物の組成は,秋田県大館市周辺に数多く分布する黒鉱型鉱床に類似しており,同型の鉱床の成因に多くの情報を提供するものと期待される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊是名海穴の関連情報