コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海底熱水鉱床 かいていねっすいこうしょうsubmarine hydrothermal deposit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海底熱水鉱床
かいていねっすいこうしょう
submarine hydrothermal deposit

海底からわき出る高温の熱水溶液が急冷され,微細な沈殿物が塊状に固まった鉱床。 1978~79年に,ペルー沖の東太平洋海膨の海底で,熱水の噴出口が発見された。海水中に噴出した熱水は急冷され,微細な沈殿物が急速に析出するため,煙のように見える。また,噴出口付近には沈殿物がパイプ状に積もって,煙突のように見える。このため,析出物が硫化物に富む場合の噴出口をブラックスモーカー,硫酸塩に富む場合はホワイトスモーカーと呼ぶ。同様にスモーカーは,その後,メキシコ西海岸沖,カリフォルニア湾,カナダ西海岸沖,大西洋中央海嶺,インド洋の海嶺でも発見された。これまでに発見されたスモーカーは,プレート境界のうち,新しく海洋地殻が生れる拡大軸に限られていた。これに対し,88年には,フィリピンプレートがユーラシアプレートに沈み込む地帯の背弧海盆に相当する,沖縄トラフの伊是名 (いぜな) 海穴でもスモーカーが発見された。拡大軸の鉱石は愛媛県の別子鉱床で代表されるキースラーガー型鉱床に,背弧海盆の鉱石は秋田県の小坂鉱床で代表される黒鉱型鉱床に類似している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かいてい‐ねっすいこうしょう〔‐ネツスイクワウシヤウ〕【海底熱水鉱床】

深海底鉱物資源の一。海底から噴き出した熱水に含まれる金属成分が冷却されて固まり、沈殿してできた鉱床レアメタル希少金属)を豊富に含むことから、調査・開発が進む。日本近海では、伊豆、小笠原、沖縄などの海域で確認されている。→熱水鉱床

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

海底熱水鉱床【かいていねっすいこうしょう】

海底火山活動にともなう熱水から重金属が沈殿してできた鉱床。1965年に紅海で発見されて以来,ガラパゴス海嶺,東太平洋海膨,大西洋中央海嶺,沖縄トラフなどで次々と発見され,現在注目されている海底金属資源の一つ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

海底熱水鉱床の関連キーワード若尊海山海域公園地区伊是名海穴熱水噴出孔海洋資源ROV

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海底熱水鉱床の関連情報