コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海底熱水鉱床 かいていねっすいこうしょうsubmarine hydrothermal deposit

3件 の用語解説(海底熱水鉱床の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海底熱水鉱床
かいていねっすいこうしょう
submarine hydrothermal deposit

海底からわき出る高温の熱水溶液が急冷され,微細な沈殿物が塊状に固まった鉱床。 1978~79年に,ペルー沖の東太平洋海膨の海底で,熱水の噴出口が発見された。海水中に噴出した熱水は急冷され,微細な沈殿物が急速に析出するため,煙のように見える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かいてい‐ねっすいこうしょう〔‐ネツスイクワウシヤウ〕【海底熱水鉱床】

深海底鉱物資源の一。海底から噴き出した熱水に含まれる金属成分が冷却されて固まり、沈殿してできた鉱床レアメタル希少金属)を豊富に含むことから、調査・開発が進む。日本近海では、伊豆、小笠原、沖縄などの海域で確認されている。→熱水鉱床

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

海底熱水鉱床【かいていねっすいこうしょう】

海底火山活動にともなう熱水から重金属が沈殿してできた鉱床。1965年に紅海で発見されて以来,ガラパゴス海嶺,東太平洋海膨,大西洋中央海嶺沖縄トラフなどで次々と発見され,現在注目されている海底金属資源の一つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海底熱水鉱床の関連情報