コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東玄伯 いとう げんぱく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東玄伯 いとう-げんぱく

1832-1898 幕末-明治時代の医師。
天保(てんぽう)3年9月15日生まれ。伊東玄朴に師事し,その養子となる。長崎でポンペにまなび,文久2年と明治3年オランダに留学,眼科を研究し日本文字の試視力表を作成。典薬寮医師,宮内省大侍医,一等侍医などをつとめ,29年宮中顧問官となった。明治31年5月2日死去。67歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。本姓は鈴木。雅号は方成。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊東玄伯の関連キーワード福岡健良明治時代林研海

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android